小さい疑問をまとめました

身近にある疑問をまとめました。

電車のクモハの意味は?

      2015/08/28

電車のクモハの意味は、
鉄道の車両番号になります。

鉄道の車両番号は、
【カタカナ2〜3文字】+【数字3桁】+【数字4桁】
の形式で表されます。

例としては「クモハ 222-2001」のような形式で表記さます。

クモハの意味

クモハは車両形式番号の先頭のカタカナ部分に該当します。カタカナ一つ一つに意味があります。

詳細は表にまとめるとして、まずはクモハの意味を説明します。

クモハの「ク」と「モ」の意味

クモハの「ク」と「モ」は車両の車種を表しています。

「ク」の意味は、制御車を表しています。
制御車とは、運転席(台)があることを意味しています。

「モ」の意味は、電動車を表しています。
電動車とは、モーターを搭載していることを意味しています。

クモハの「ハ」の意味

「ハ」は車両の用途を表しています。

「ハ」の意味は、普通車を表しています。
普通車とは、皆さんが日常使う電車を意味します。(グリーン車や食堂車や貨物車ではなく、普通の車両という意味です。)

車両番号「クモ」「ハ」「2」「2」「2」-「2001」の意味

クモハの部分は説明が重複しますが、一通りまとめて記載します。
まず、例として「クモハ 222-2001」を例にとります。

これは「クモ」「ハ」「2」「2」「2」-「2001」と分解されます。

車種:「クモ」の意味

車両番号の最初のカタカナ2文字、または、1文字の部分は車種を表します。

この部分に入るものは下記の3つです。

  • ク:制御車(制御車は運転席がある車両)
  • モ;電動車(電動車はモーターがある車両)
  • サ:付随車(付随車は運転席もモーターも無い車両)

上記になります。「クモ」は制御電動車と言われ、「ク」と「モ」がくっついたものになるため、上記の3つになります。

そのため、クハやモハ、サハなどもあります。クサやモサは存在しません。

由来

鉄道用語小辞典には下記のように紹介されているとのことです、

「ク」は、くっつけて走るの「く」。
「モ」は、モーターの「も」。
「サ」は、さしこまれるの「さ」。

用途:「ハ」の意味

車両番号のこの部分は用途を表しています。

この部分に入るものは下記の3つです。

  • シ:食堂車
  • ニ:荷物車
  • ヤ:職用車
  • ル:配給車
  • ユ:郵便車
  • ロ:グリーン車
  • ハ:普通車
  • ロネ:A寝台車(座席車のグリーン車に相当)
  • ハネ:B寝台車(座席車の普通車に相当)

上記になります。

これらは、一つの車両が複数の用途で使われる場合もあるため、郵便車兼荷物車で「ユニ」や普通車兼食堂車で「ハシ」と表現される場合もあります。

由来

それぞれ頭文字を取ったものがほとんどです。

グリーン車や普通車に関しては、かつての区分では一等車を「イ」、二等車を「ロ」、三等車を「ハ」と使っていたため、「ロ」と「ハ」になります。

寝台列車は寝台の「寝」から「ネ」となり、「ロ」と「ハ」の後ろに付いた形で表されます。

電気方式:「2」の意味

車両番号のこの部分はその車両の電気の受取方法を表しています。すなわち、直流の電気方式か交流の電気方式、はたまた両方可能かどうかです。

この部分に入るものは1から9までの数字であり、それぞれの対応は下記の通りです。

  • 1から3:直流のみ
  • 4から6:直流と交流どちらも可(変電気を備えているため)
  • 7から8:交流のみ
  • 9:試作用

上記になります。

種別;「2」の意味

車両番号のこの部分は種類を表しています。

「ク」や「モ」はその車両の種類を表していましたが、この部分の種類は列車全体の種類を表しています。

この部分に入るものは0から9までの数字であり、それぞれの対応は下記の通りです。

  • 0から3:一般形(普通電車や快速電車など)
  • 4:事業用(牽引車や救援車など)
  • 5から8:特急形
  • 9:試作用

上記になります。

便宜的:「2」の意味

車両番号のこの部分は便宜的な数字を表しています。

便宜的とは、この部分の数字は昔では車両の開発順に付けられていましたが、現在ではよくわからない数字であり、何かしら特別な意味合いがあるとは言えない数字です。

番台と振り番;「2001」の意味

車両番号のこの部分は番台と製造順の番号を表しています。

番台とは、
車両の使用や路線、製造時期により、同一の形式内で区分するときに「〜〜番台」としています。

そのため、例では「222系2000番台」となります。

また、「2001」の「1」は製造順に1からつけていく番号です。しかし、連番ではなく飛ぶ場合もあります。

 - 定義